豆園の
私たちの想い

和菓子を食べて心に安らぎを

私たちは伝統や歴史ある老舗ではありません。
 

こんな和菓子があったらいいのにな。
こうだったら良いのにな。
そう感じてきたことを商品やパッケージに託しました。
 
もっともっと和菓子に親しみを持ってもらえたら
小豆って美味しいなって思ってもらえたら
 
珈琲とあんこって相性いいね、とか
え、意外!お酒に合うんだな、とか
小豆って美味しいね!って。
知ってもらえたら幸せです。
 

和菓子を食べて心に安らぎを・・・
日常に彩りが添えられるよう願っています。








豆園の
私たちのこだわり

さとうきび100%素焚糖(すだきとう)

砂糖の王様とも呼ばれています。

後味すっきり、上品な甘さが特徴

恵比寿豆園のあんこは
小豆の旨味を感じていただけるよう、
最小限の砂糖で仕上げています。

身体に優しく

身体が喜ぶ

身体が求める

私たちの和菓子作りに
素焚糖は欠かすことのできない
大切な柱のひとつです。



豆園の
私たちらしさ

素材にとらわれない、新たな素材との組み合わせに挑戦し続けること

小豆×チョコレート

小豆×野菜

小豆×フルーツ

小豆×塩

小豆×珈琲

白いんげん豆×キャラメル…
和菓子の可能性は無限大です。

定番のきんつばから季節限定のきんつばたち
どら焼き、もなか、みるくまんじゅう、水ようかん…

これからも私たちらしい商品を提案し続けてまいります。



豆園の
私たちの挑戦

子どもたちが
和菓子に触れるきっかけをつくること


昔はおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行くと
必ずと言っていいほど用意されていた和菓子。

時代とともにそこには
クッキーやケーキが並んでいるご家庭も
多いのではないでしょうか。

和菓子って

こんなにかわいくて美味しくて楽しいんだねって、
子どもたちに知ってもらいたい。

和菓子を愛してもらえたら・・・

地域の和菓子屋さんへ行くきっかけになれたら・・・

いつか大人になった時、今度は自らが子どもたちに和菓子を伝えてもらえたら・・・

日本の伝統文化である和菓子を絶やす事なく、未来へ繋いでいくことができると信じています。

私たちにできることは小さな小さなことですが、これからもひとつひとつ取り組んでまいります。


=取り組み一例=

・和菓子キッズ主催

 渋谷区社会福祉協議会と提携したこどもテーブル活動です。

 和菓子屋の職人さんを講師に迎え、季節のねりきりや和菓子を親子で製作します。

 ※不定期開催  開催情報はこちら

MENU